タカの仮想通貨(暗号通貨)投資をわかりやすく解説するブログ

株式投資歴3年の若輩投資家が仮想通貨の投資に関するお役立ち情報を発信するブログです(`・ω・´) ファンダメンタルズとテクニカルで相場を判断していきます(⌒-⌒)

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

DASH(旧 Darkcoin)に関してその特徴と価格推移!現状分析からウェブボットの未来予測まとめ

皆様

 

こんにはちは!(。・▽・)ノ

 

タカです(`・ω・´)

 

今日は、仮想通貨の中でも匿名性の高さ」と「即時取引(承認)

に優れた特徴をもっているDASHに関してまとめてみようと思います。

f:id:kasoutukausagi:20170803154545p:plain

まず、DASHのここ1年の価格推移を見てみましょう!

 

f:id:kasoutukausagi:20170803154925j:plain

 

こちらが、DASHのここ1年の価格推移です。

 

1年前は日本円にして、約1,000円前後で推移していました!

 

その後、価格は2017年2月位から高騰を始め、3月には倍の2,000円を付けます!

 

そこから急上昇し7月には25,000円の高値を付けた後、現在は20,000円前後を推移しています(`・ω・´)

 

1年前に保有していた場合のパフォーマンスですが、約20倍となります(⌒-⌒)

 

ビットコインが1年前に6万円、現在が30万程と考えると約5倍ですから、そこから比べても高いパフォーマンスを発揮していることが伺えますね(⌒-⌒)

 

それでは、高い匿名性と即時取引に適したDASHとはどのようなコインなのでしょうか?

 

名称・・・Dash(ダッシュ)

コード・・・DASH

開発者/開発組織・・・DASHFOUNPATLON

暗号化方式・・・X11(セキュリティ)

コンセンサスアルゴリズム・・・ProofofWork

上限発行量・・・約1,900万

 

簡単な詳細ですが、これではよくわかりませんね(´・ω・`) 

 

次に特徴を説明したものをみてみましょう(⌒-⌒)

 

2014年1月にEvan Duffield氏により開発された、匿名性を専門にしている仮想通貨の一つです。

その特徴は?

取引スピードが早い

一つが取引スピードの早さです。

ビットコインは一つの取引に10分程度かかりますが、ダッシュコインは4秒することができます。

このスピードはインスタントセンドと呼ばれる、決済手段を採用しているからです。

 

匿名性が高い

ダッシュコインは、匿名性が高いことが評価されています。

ビットコインの場合は取引が公開され、誰から誰にビットコインが送られたのか確認できますが、ダッシュコインの場合は追跡が出来ません

ダークセンドと呼ばれる匿名性の高い、トランザクション形式を採用しているからです。

具体的には同じ時間帯に行われた送金依頼を、いくつかまとめてから送金先へ振り分けています。

 

マスターノードの存在

ダッシュコインは取引のマイニングを、マスターノードと呼ばれる、ランダムに選ばれた者が行っています。

ビットコインの場合は、競争させ最も早く解を導き出した者がマイニングを行いますが、ダッシュコインは最初から選ばれています。

 

なるほど、φ(゚Д゚ )フムフム…

つまり、高い匿名性で決済等までの処理スピードが早いということですね(⌒-⌒)

 

また、DASHは「決済」に利用される事を想定した仮想通貨です。

 

これらの特徴により取引をあまり公開したくない企業間取引などではビットコインよりも有効な側面があるのではないでしょうか(⌒-⌒)

 

DASHの実用性のまとめ

 

☆また、6月には世界でDASHが自動販売機などで決済が出来るようになっています!

取引スピードの速さが買われたのかもしれませんね(⌒-⌒)

参考:ニューハンプシャーのビットコイン自動販売機はDASHを扱う

 

 

☆7月にはDashウォレットがアップルストアでDL出来るようになりました!

つまり、アップルで公式に認められた仮想通貨ということになりますね(⌒-⌒)

参考:Dashウォレットはアップルストアでまもなく2,000ダウンロードに到達

 

☆また、次々とDASHを取り扱う取引所が増えています!

日本だとビットコイン取引所 coincheckで取り扱っていて購入ができます(⌒-⌒)

 

◯ではウェブボットはDASHをどのように予測しているのでしょうか?

 

ビットコインに関する予測はこちらでまとめています。

参考:

ウェブボットによるビットコインの未来予測!!現在のまとめ - タカの仮想通貨(暗号通貨)投資をわかりやすく解説するブログ

 

・ダッシュ(Dash)

ダッシュは6月から7月にかけてイーサリアムとともに上昇する

 

もちろん、この間相場の激しい変動は避けられない。大きく落ち込むこともある。

 

また、アメリカやイギリスの複数の高官の辞任がダッシュの売りの加速の引き金になるとのデータがある。

 

これは、高官の辞任とダッシュの相場が関係していることを示しているわけではない。

 

辞任と同じようなタイミングで、ダッシュの利益確定売りが進むということである。

 

この期間は4日続く。

 

ウエブボットでは、ダッシュのような単一の仮想通貨のデータは非常に小さいので、これが起こる時期は確定できない。

 

いまのところ、これは9月頃に起こる可能性がある。

 

なるほど、6月に出していたウェブボットの予測では6月から7月にかけてDASHが上昇すると出していました!!

 

これは見事に的中しています6月にDASHは17,000円になり、7月には25,000円の高値をつけました!現在は20,000円前後の推移です。

 

しかし、その後利益確定売りが続く?これが4日間?これが9月と予測されていますね?(´・ω・`) 

 

そして、その後は?

 

・ダッシュ(Dash)

6月の初めに出したレポートには「アメリカやイギリスの複数の高官の辞任がダッシュの売りの加速の引き金になるとのデータがある」と記載した。

 

これはイギリスの総選挙でメイ首相が率いる保守党が過半数を取れず、惨敗したことがこれに該当する出来事だ。

 

今後夏にかけてダッシュの相場は乱高下するものの、長期的には仮想通貨におけるダッシュのシェアは上昇する。

 

長期的には保有してしかるべきだろう。

 

つまり、現在、高値から価格が低迷していますが、このシェアは今後伸びていくと?

乱高下に惑わされずに保有が良いようです(⌒-⌒)

 

 

そして次は?

 

・ダッシュ

 

8月から9月にかけては、ライトコインへと人気が集まるので、ダッシュの相場は下落することもある

 

しかし秋になると、ダッシュの相場は回復する。

 ※ライトコインの予測に関してはこちら

参考:ライトコインの将来性!ファンダメンタルと明るい未来!!ウェブボットの予測!! - タカの仮想通貨(暗号通貨)投資をわかりやすく解説するブログ

 

なんと、8月から9月にかけては下落を示唆しています。当初の予測に9月に下がるとありましたが、それと期間は重なるのでしょうか?

 

ただ、今、言えることはそれは良い買い場になるということかもしれません!

 

秋には回復ですので、夏の下落時に買って、秋に育つのを待つのが良さそうですね(⌒-⌒)

 

結論!!

DASHは現在、様々な場面でその能力を買われ、世界に広まっています!!

つまり、需要は確実に伸びる!発行総量も決まっているので単価はあがりつづけるでしょう!!

そして、ウェブボットの未来予測でもシェアを拡大させるという明るい予測が出ています!!

安い時に買って長期保有がよさそうですね(⌒-⌒)

 

日本でDASHを購入するなら、口座開設が3分で出来るコインチェックがお勧めですよ(⌒-⌒)

さらに今ならここから開設すると最大5000円分のビットコインが貰えるキャンペーン中です!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

 

取引手数料がマイナス0.01%と大変お得なのはザイフですね!!(⌒-⌒)

ネムとモナコインの購入ならこちら!3分で開設できます!